LOVE PHANTOMのアンサーソング「HINOTORI」を紹介

個人的オススメ曲

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-にて

披露されたB’zの新曲です。

CDはシングルとして発売はなく、LIVE-DVDの特典となっています。

 

B’zデビュー30周年を記念したエキシビション「SCENES(後期)」に

行ってきた感想ブログで、ネタバレになるので記載できなかったことがあります。

 

それが、この「HINOTORI」製作中という特報でした。

 

「SCENES」には稲葉さんと松本さんがラジオのように喋る

オーディオガイドがあったのですが、

そのガイドの最後に、この「HINOTORI」について紹介がありました。

 

松本さんはかねてより、LOVE PHANTOMⅡのような曲を

作りたいと思っていたそうです。

 

ですので、随所に「あ、LOVE PHANTOMだ!」と感じることができます。

 

ファーストインプレッション

 

LIVE-DVD「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI」で初聴き。

 

LOVE PHATOMからのHINOTORIへのバトンタッチ。

LIVE映像はカッコ良すぎて、痺れます。

なんといっても、稲葉さんが炎に包まれて、HINOTORIになりますからね。

 

イントロはLOVE PHANTOMⅡそのもの。

Aメロから引き込まれて、すぐのサビもカッコ良いです。

迷宮に迷い込んだような、

悪魔城を彷徨っているような、そんな感じの曲です。

 

そして、松本さんのギターソロは、

悲しくも妖艶なメロディで素敵です。

 

LIVEでは、またLOVE PHANTOMに戻ります。

う~ん・・・文句なし!!

 

LOVE PHANTOMのアンサーソング

 

松本さんが「LOVE PHANTOMⅡ」と言っていたので、

メロディにばかり、気をとられていましたが

稲葉さんの歌詞も、LOVE PHANTOMのアンサーソングになっています。

 

あなたに繋がれて

そこから逃げ出して

そしてこの身を包むのは

退屈な光

~HINOTORI~

 

欲しい気持ちが成長しすぎて

愛することを忘れて

万能の君の幻を

僕の中に作ってた

~LOVE PHANTOM~

 

男の束縛から逃げたしたのに・・・。

やっぱり忘れらないといった感じでしょうか。

 

腹の底から君の名前を

叫んでとびだした It’s my soul

カラのカラダがとぼとぼと

はしゃぐ街を歩く

~LOVE PHANTOM~

 

交差点の真ん中で

呆然と立ち尽くして

戻りたいと思うけど

繰り返しは嫌だ

~HINOTORI~

 

きっと二人は、街の交差点で再び出会うのでしょう。

そして・・・

火の鳥がいつか羽ばたき

私をさらって行く

あの恋心に火がついて

抱きしめられたいもう一度

 

稲:“LOVE PHANTOM”も一応恋の話なので、歌詞としては、
一回火が消えてしまった恋心にまた日がついて、みたいなイメージで。
(中略)
-:25周年が終わったあとすぐに、松本さんと食事をしているときに
「30周年のときは、”LOVE PHANTOM2”を考えているんだよね」と
仰っていました。
松:本当?そんな前から言ってたんだ!でも、だいぶ前から、
ただ漠然と思ってた。形にはしなかったけど。
be with!(vol.118)」

 

最後に

 

HINOTORIは、それだけ聴いても、もちろん良いのですが

LIVE-GYMのようにLOVE PHANTOMとミックスすると

3倍にも4倍にも、魅力が膨れ上がります!

 

-:(HINOTORIを)挟んだことで、”LOVE PHANTOM”の
前章でもあり後章でもあるような気がしたのですが、
どちらかをイメージして書き上げたのでしょうか。
松:(中略)間に挟んで、組曲ではないけど、一段とスケールが大きくなった。
だから結局繋げてよかったと思う。あれは、いろんなことが功を奏しました。
-:(中略)”HINOTORI”の歌詞の中には「交差点」という言葉が入っており、
こういうところは、続編だと分かるように意識して書かれた点ですか?
稲:そうですね。同時進行というか、裏みたいな感じのイメージで、
歌詞が”LOVE PHANTOM”が男の人だったら、
“HINOTORI”が女の人の気持ちみたいな雰囲気になっていて。
be with!(vol.119)」

 

是非、LIVE-DVDでその魅力を存分に味わってみてください。

 

では、また~。


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました