結婚式BGMとしてはNG?B’z「ハピネス」の歌詞を徹底分析

結婚式にピッタリなB’zの曲として

「ハピネス」が紹介されていました。

(ぴかり(夫)による、Google検索調べ)

 

確かにタイトルだけをみると

幸せな曲をイメージしますが

歌詞の内容については

結婚式にピッタリかどうかは少し疑問です。

 

しかし、名曲には間違いないので

今回は「ハピネス」について徹底分析しようと思います。

 

 

 

もっと きみにあえたらいいのになあ

ずっとその手に触れたい

だれもが 時間に追われてこわれて

だれかを愛するひまもない

 

最近は「ワークライフバランス」が叫ばれて久しいですが

ハピネスが発表された1997年は

一年を表す漢字が「倒」であるほど

企業の倒産がつづく不景気で

仕事に追われていた時代だったようです。

 

※ちなみに、一年の漢字が「倒」であった理由に

日本サッカーが強豪を倒してワールドカップ初出場も

含まれていたみたいです。

 

愛する暇がないほど、誰もが忙しい時代だったんですね。

 

そばにいてほしい あともう少し

君だけが僕を癒してくれる

迷いのないスマイル よどみのないヴォイス

そういうのがハピネス

 

君がそばにいるだけで幸せって感じの

恋愛初期のあるあるって感じですよね。

 

いつも うまくやろうとすればするほど

ひとを傷つけてるよ

 

君が流した涙の粒にはっきりうつる

荒れはてた 僕の心

 

自分に余裕がなく、君を傷つけてしまう。

うまくいかないもどかしさ。

そばにいてくれるだけで幸せだった

あの頃には、きっともう戻れないのでしょう。

 

まっすぐ見つめよう ちゃかすのもやめよう

君だけが僕に勇気をくれる

大切なことを易しい言葉でささやいてくれる

 

「優しい」ではなく「易しい」というところに

女性のほうには「好きな人だから仕方がない」といった

一種の諦めのような感情が読み取れます。

(私だけ???)

 

そばにいてほしい あともう少し

君だけが僕を癒してくれる

だれのためじゃない だけど歪んでない

そんなフツーの力で

 

この「そばにいてほしい」は、

愛想をつかした女性に対して

自分勝手な男性が懇願している感じがします。

前半の「そばにいてほしい」とは

大きく意味が変わっている、そんな気がします。

 

今日も日は暮れ 絶えぬ人の群れ

ふらつきながらがんばっているよ

楽しい歌だけ 歌いながらね 歩いてゆこう

 

もう、なんていうか

ダメ男の印象しかありません!

大切な人を傷つけて、泣かしておきながら

「楽しい歌だけ歌いたい」

そんな、自分勝手なことを、よくいけしゃあしゃあと・・・。

(あ・・・もちろんですけど、稲葉さんに対して言っていませんよ!

稲葉さんが描いた男性に文句を言ってます!!)

 

シャラララ ハピネス

シャラララ ハピネス 君こそが ハピネス

 

・・・でも、ライブ映像で観客と

「シャラララ~♪」と合唱するシーンは

鳥肌ものです。

 

このシーンだけを切り取ると

結婚式にはピッタリなんですけどね。

 

この記事を書いていて

最初の歌詞と、最後の歌詞をあらためて見てみると

ふと、自分が穿った見方をしているだけ?

という疑問も浮かびました。

 

でも、個人的には

やっぱり中盤の歌詞が印象に残っている感じです。

 

いかがでしたか?

結婚式のBGMについては

下記記事で紹介しておりますので

ぜひ、こちらもご覧ください。

 

 

 

では、また。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA